40歳 38歳を過ぎてからとくに疲れやすい。。。

若いころは、どれだけ仕事が忙しくて残業が続いても、集中していればそれほど疲れを感じることがありませんでした。

 

しかし38歳くらいから、とても疲れやすくなってしまったように感じます。

 

用事があったりして外出した際などに、少し歩くとそれだけでも疲れてしまいます。

私の独自の体の疲れを取る方法

体が疲れている、と感じた時は、まず食事を変えます。

 

「スタミナがつくように」と思い、普段より肉などを増やしたり、にんにくを使用したりしています。

 

そして、夜は、あまり熱くない湯船に普段より長めに浸かり、早めに就寝するようにもしています。

 

軽い疲れであれば、それを2〜3日続けていると、かなり落ち着くように感じています。
それでも消えないほどの疲れが残るときもあります。

 

体調が悪いわけではないのに、動けなくなってしまうことも。
そういうときは、時々、市販の栄養ドリンクを飲んでいます。
時々しか栄養ドリンクを飲まないのは、やはりカロリーや糖質が気になってしまうからです。

 

いまも手元に未開封の栄養ドリンクがありますが、100mlで、約62kcalとなっています。
それほどカロリーが低いというわけでもないので、頻繁に飲むのはためらわれてしまいます。

 

ひどく疲れないような工夫も必要かもしれませんが、あまり栄養ドリンクに頼らず疲れを取りたいな、と考えています。

コエンザイムQ10は知っていたけど、還元型は!

「コエンザイムQ10」という名前は以前から知っていました。しかし、そのコエンザイムQ10に「酸化型」「還元型」という種類がある、というのは最近になって初めて知りました。

 

体内で作られるコエンザイムQ10は「還元型」であり、還元型を摂取した場合は、体内でそのまま使用されるので効果が大きい、とのこと。

 

そういった商品であれば、体にも良いんだろうな、と感じています。

 

そして、カネカは、世界で初めて高純度還元型コエンザイムQ10の大量生産を実現したそうですが、ほかのコエンザイムQ10のサプリメントよりも効果が期待できそうだと思いました。

 

「コエンザイムQ10」が不足すると、体が疲れやすくなったり、肌の調子が悪くなったりする、とは聞いています。

 

体には重要なものだと思うので、もしもサプリメントとして飲むなら、効果が高いものを飲みたいと思っています。

 

そのため、カネカの「還元型コエンザイムQ10」は気になる商品だな、と感じています